ことともに。

子供と共に暮らす、何でもない日々のこと。

【4歳の記録】もう4ヶ月過ぎたけど。

f:id:cototo:20180615100531j:image

身長97.5cm、体重15kg(2月測定)

 

▼好きなもの、こと

折り紙、文字(ひらがな、英語)、工作(切る、貼る)、ホチキス、シール、マステ、ハンコ、塗り絵、絵を描くこと、絵の具遊び、くるくる棒、粘土、窓辺でおやつ(上の写真の通り台に座るか、台を机にして食べる)、Eテレ、歌うこと、踊ること、ベッドで飛ぶ、服選び、お買い物、おうちごっこ、お買い物ごっこ、ベランダの草花に水やり→ついでにブラシで掃除(ただの水遊び)、水遊び、しゃぼん玉、ピンク、リボン、ハート、食後のデザート(主にフルーツ)、アイス、絵本(三匹のヤギのガラガラドン、こんとあき、ブレーメンの音楽隊、こぶたがずんずん、ぺんぎんのおかいもの、ぺんぎんのゆうえんち、かいじゅうたちのいるところ、ジャリおじさん、いってらっしゃいいってきます、他多数…主に寝る前に、3冊〜5冊読む)、先生(年少の担任、英語教室、濡らし絵、オイリュトミーの先生方が特に大好きです)、赤ちゃん(見えない赤ちゃんが4人ぐらいいて、保育園に通っている)の世話、かえるとくま(見えない)の世話(自分がやりたい悪さはだいたいこの2人がやっていて、困ったねぇ…とよく怒ってる)、プリキュア(TV見たことないけど)、妹にヤキモチを焼きつつも溺愛してる感ある、豆、きゅうり、りんご、ぶどう、いちご、ナッツ、チーズ、氷、駐車券の管理(出し入れとか、店員さんに渡したりとか)、おつりの受け取り、親子教室のお友達、幼稚園のお友達、自分の会社があるらしい、種(なにかと大事そうに持ってる、またはいつのまにか鉢に植えてる←おかげで今年は朝顔が大変なことになりそう。)、草(いわゆる雑草だけど、いい匂いがする、と摘みたがる)、たんぽぽの綿毛を飛ばす、手紙を書く、家事手伝い(炊飯、野菜の種取り・皮むき、切ることもだいぶできるようになった、洗濯干し・たたみ、掃除機辺りは安定感倍増←どれも頼んでないんだけど、遊びの一環でありつつ、母の役に立ちたいっぽい)、お父さん、お母さん、自分(←父母はもちろんですが、自分のことが好き!と言ってくれるのは嬉しいですね。)

 

▼4歳のお約束

・お着替え自分でする

(気分によってムラが激しすぎる)

・たくさん歩く

(駅まで歩くぐらい平気になりたい)

・赤ちゃんのお世話する

(今のところよくやってくれている)

・夜のオムツを外す

(10回に1回ぐらいは失敗してる、まだ)

 

--

お誕生日から、もう4ヶ月も過ぎてしまった。

その間、初めて髪を切り、妹が産まれた。

2月生まれは、お誕生日会で、みんなをひたすら祝い続ける。最後の方のお誕生日だから、待ちに待った感がやはりすごくある。今年は特に、彼女にとって特別な歳になることと思う。

幼稚園では年中さんになる、家庭ではお姉ちゃんになる、公私ともに「お姉さん」になる歳。まだまだ母や周囲に甘えたい気持ちと、彼女なりに、よいお姉さんでありたい、という気持ちが行ったり来たりしている感じがする。思考はどんどん複雑になり、感情の振れ幅もうんと豊かになってきた。

いわゆる負の感情も、しっかり育ってきた。昼間幼稚園で受け取った「悲しい」「悔しい」という気持ちを、寝る前に思い出して、メソメソと泣くこともある。それがうまく言葉にできなくて、幼稚園の先生と連携して教えてもらったり、ケアをしたりしながら、出来るだけ、負の感情を浄化できるように努めている。親に気持ちを訴えて来る間は、彼女の喜びだけでなく、悲しみに、悔しさに、怒りに、しっかりと寄り添ってあげたい。私が両親にしてもらったように、「世界が全員、あなたは敵だと言ったって、私達だけは、絶対にあなたの味方である」と、全力で伝え続けたい。幸い、泣いて、寝て、忘れる(昨日なんで泣いてたんだっけ?と翌朝言っている)タイプなのは、私に似たのかもしれない。

もうすっかり一丁前に話をし、私とも対等に(?)喧嘩をする。でも、まだたった4年しか生きていない。私たちがすべきサポートはまだまだあるし、彼女のためにも、よき大人でありたいと思う。私は、人として、彼女が「大人になる」ことに夢や希望を見出せるような、よい見本になれているだろうか。彼女の可能性の芽を潰していないだろうか。何度でも自分自身に問いながら、私も過ごしたいと思う。

 

彼女のこの一年が、今まで以上に豊かな一年になりますように。小さな反抗期の只中なこともあり、3歳の時には感じなかった「自立」をすごく感じるし、ひとりの人として力がぐっと伸び出てくるような歳になるのかなぁと、日々楽しみに観察している。

 

 

 

 

 

あなたと私は友達だ

一緒に遊ぼう

一緒に歩こう

一緒に歌を歌おう

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい遊び

f:id:cototo:20171207013052j:image

子に絵の具を使いたいと言われ、

手持ちのものを出してみたら、

大いに喜んで遊んでいます。

 

しばらく続いたDVDブームが、

プレーヤーが 壊れてしまい、

すっかりテレビ自体を見なくなりました。

 

かれこれ7月から、

数えるほどしか見ていません。

私も元々見ないので…

 

家にいる間、

ずっと、工作をしています。

紙を切ったり、貼ったり。

 

折り紙は今までで1番長いブームかも!

と思うぐらい、ずっと好きです。

折り紙は、遊び方が無限。

 

そこに、

ここ数日で加わったのが、

絵の具です。

 

幼稚園で作った紙皿のリースに

着色したのが、絵の具だったから。

 

初めはリースが作りたいから、

絵の具出して、と言いました。

 

水彩色鉛筆で我慢して…

と言ったものの、紙が水に耐えられず。

 

紙を探したついでに、

絵の具も出してしまったのでした。

 

絵を描いているつもりは多分全然なく、

絵の具で遊んでいるんだと思います。

 

集中力の持続は30分ぐらい。

子供用の道具ではないので、

ちょっと考えないと、と思っています。

 

 *

 

色々ぱつぱつだったり

色々うまくいかないことがありますが

子にありがとうと言ってもらえたので

よしとします。

 

 

 

 

 

 

あなたとわたしはともだちだ

いっしょにあそぼう

いっしょにあるこう

いっしょにうたをうたおう

 

 

 

今の子には、

ひらがなの方がしっくりくる。

 

このことは、また。

夕焼けとぬらし絵と

f:id:cototo:20170914174602j:image

 

先日、ぬらし絵とオイリュトミーのお教室に。

1つ1つの動作、お話、リズム、歌。

 

「どんな風に子の中に残るだろう。」

 

そんなことを思いながら参加したけど、

子の中にはしっかりと、その時の動作やお話、

リズムや歌が感じ取られていました。

 

家に帰ってきてからも、

数日が経ってからも、

あの日のリズムが蘇って、

子を楽しくさせている。

 

f:id:cototo:20170914175042j:image

f:id:cototo:20170914175058j:image

f:id:cototo:20170914175124j:image

f:id:cototo:20170914175141j:image

f:id:cototo:20170914175203j:image

迷路ができたよ、って言っていた。

 

ぬらし絵は、

空が刻々と変化することを

美しいと感じるように、

色と色の戯れを感じ取って欲しい。

 

先生が、そんな話をされていた。

大切な、豊かな時間。

 

この頃は、

ちょうどお迎えの頃が夕焼けで、

きれいだねーと眺めて帰る。

 

大変なことは多いけど、

子を幼稚園に入れてよかったと、

最近じわじわ感じている。

 

このことは、また。

 

 

 

 

 

 

あなたと私は友達だ

一緒に遊ぼう

一緒に歩こう

一緒に歌を歌おう

 

3歳の七夕のお願いごと

f:id:cototo:20170711174014j:image

3歳の七夕のお願いごと

 

「どろだんごをじょうずにつくれるようになりたいな」

 

でした。

笑える。

 

 

私には、

 

「大きくなりますように」

 

って書いて、と言っていました。

小さい順の先頭ですものね。

 

 

ゆっくりでいいのよ、と思いつつ、

本当に、すくすく大きくなっています。

 

 

 

 

 

あなたと私は友達だ

一緒に遊ぼう

一緒に歩こう

一緒に歌を歌おう

 

 

 

 

 

6月23日(金)お弁当日記

f:id:cototo:20170623082934j:image

あっという間に、夏至も過ぎ、

夏本番はこれからですね。

 

しばらくお休みしてましたが、

週3回のお弁当、

まだまだ続いています。

 

この頃は、冷凍の枝豆と、

茹でて冷凍したトウモロコシを、

そのまま保冷剤がわりに入れています。

 

 

*枝豆

ミニトマト

*卵焼き

*ほうれん草の海苔和え

*シュウマイ

*かぼちゃのサラダ

*ぶどう

*青のりおにぎり

 

 

 

 

 

あなたと私は友達だ

一緒に遊ぼう

一緒に歩こう

一緒に歌を歌おう

 

ばいばい、ぎゅ

f:id:cototo:20170616083842j:image

 

この頃始まった、娘のお別れの儀式

 

私の方が彼女より先に家を出るから、

お見送りの時にやってくれるようになった。

 

少し情緒不安定感がある時期なので、

何か少しでも安心材料になればいい。

 

いってらっしゃーい、タッチ!

(世の幼児は皆タッチが好きなのですかね)

ぎゅ、してあげる〜と両手を広げて、

私が近づくとしっかりハグをして、

「ばいばい、ぎゅ」と自分で言います。

 

なんだかとてもかわいらしいので、

毎朝喜んでハグしてもらっています。

 

 

 

 

 

 

あなたと私は友達だ

一緒に遊ぼう

一緒に歩こう

一緒に歌を歌おう

 

4月20日(木)お弁当日記

f:id:cototo:20170420201225j:image

 

昨日の保護者会で、「メロディオン(鍵盤ハーモニカ)をまだ持って来ていないようですが…」と、先生からご指導が入り、ミシンが壊れて放置していたメロディオン袋をいよいよ作らねばならなくなった。

 

エイヤーっと、手縫いでチクチク仕上げたので、ついつい夜更かし。

 

…からの今朝。

 

おかずの作り置き、なし。

お米、なし。

 

安定の寝坊で、

身支度を済ませたあと、

時間は…7時半。(家は8時15分に出る)

 

あはははは!(無理無理!)

 

 

…という朝のお弁当。

駅まで徒歩15分の距離を、9分でホームにたどり着くという奇跡を起こした朝でもある。

 

白身魚フライ(揚げました)

*もやしとニラのナムル

*ほうれん草の海苔和え

*卵焼き

*トマト

*いちご

*ぶどう

*梅じゃこおにぎり(旦那が握ってくれた)

 

 

今日は、通常保育の初日で、周りのお友達は初めてのお弁当の子もいて、さぞかし、キラキラとかわいいお弁当をお友達は食べていたことだろう…と思って、娘が不憫になりました。

 

ごめんよー

悪気はないんだよー

 

 

 

 

あなたと私は友達だ

一緒に遊ぼう

一緒に歩こう

一緒に歌を歌おう